top of page

BLOG VOL.7

第7話『 少しせっかちなお話 』


11月半ば、ようやく肌寒さを感じるようになりました。 つい先日まで半袖を着ていらっしゃる方をよく見かけていたと思ったら、特に朝晩が急に冷え込み始めました。「暑さが和らいだ秋」ってどのようなタイミングで来るんでしたっけ?


そんな中ではありますが、早くも来週にはDOMELLE 2024 SPRING & SUMMERコレクションが公開となります。まだ市場では2023秋冬の販売真っ盛りですし、売り場が2024春夏に入れ替わるのは通常1月終わりから2月初旬でしょうから、11月に春夏と言われても「えっ?もう春夏の話?」「次の週末、冬に備えてコートを買いに行こうと思っているのに?」と思っていらっしゃる方がほとんどなんじゃないでしょうか。確かに少し早めではありますが、12月初旬に早期予約会の開催を予定している取扱店があることなどから、来週にはコレクションを公開する計画で進めてまいりました。今年の2月下旬から企画がスタートした2024SS、個人的にはやっと、やっと、やっと皆さんにお見せできる時期になったという思いの方が強く、とても嬉しい気持ちで一杯です。


ただ、早めに公開は致しますが、取扱店への出荷は来年1月後半から順次実施する予定でいます。販売開始日は、取扱店により異なりますので、コレクションの公開と同時に公表する取扱店にお問い合わせ願います。


さて、「緑豊かな草原から、大空へ羽ばたく一羽のカナリア」がインスピレーションとなっている2024SSコレクション。私がせっかちなだけなのですが、今回はブログを見に来てくださった皆さんだけに、チラッとコレクションの一部をご紹介したいと思います!


まずは今シーズンのテーマを象徴するアイテムから。

鮮やかなカナリアイエローのツイードと、ナチュラルな生成りカラーのリネンを組み合わせた少しカジュアルで新しいコンビジャケット。第6話「MALHIA KENTの魔力」でご紹介した、あの「MALHIA KENT」社のツイードです!最初この生地を見たとき、「DOMELLEの為に作られたのではないか?」と思うくらい今回のテーマにぴったりで、ディレクターが思わず「私のもとにカナリアが飛んできたわ。」と呟いた...ように私には見えました。



そして、柔らかい風が吹いただけでも飛んでいってしまいそうなくらい軽くて、でもボリュームたっぷりなタフタ素材シリーズ。

なんとワンピースの裾周りは5メートル。「5メートル」を例えると「地面から家の2階の天井くらいまで」がおよそ5メートルといわれています。例えがわかりづらいですが、それくらい生地をふんだんに使用しているということです。


こちらは、「あんな着方やこんな着方」ができる大活躍間違いなしのトレンチコート。 フード、ジレ、ボレロ、そしてチンフラップと4つのパーツが取り外しでき、各パーツ同士が小さなドットボタンで留め付けられています。 個人的には、この写真のような真知子巻きスタイルがおすすめです。


トリアセテートポリエステルシフォン素材の、とびきり軽くてふわっと感がたまらなく可愛いブラウス。その可愛さのあまり、通常­1LOOKの撮影にかける時間は概ね10分程度なのですが、このブラウスの撮影には1時間以上もかけてしまいました。それほど可愛くて愛くるしいアイテムです。


今回のコレクションは「羽ばたき」をイメージした、DOMELLEこだわりのディテールがアイテムの隅々に落とし込まれているので、是非じっくり見てその美しさに共感していただけたらと思います。

2024 SPRING & SUMMERのフルラインナップは、下記当ブランドの公式WEBサイト、Instagramでご覧頂けます。

是非お楽しみに。 DOMELLE 公式ウェブサイト https://www.domelle.jp/ DOMELLE 公式インスタグラム https://www.instagram.com/domelle_lookbook/

Commentaires


bottom of page